アパートやマンションなどの投資物件を探して利益を得る。

契約をする

不動産賃貸の空室リスクを防止するのが、サブリース契約です。

アベノミックス効果から景気の回復傾向が認められています。 そのため、株式や債券、不動産等へ投資する人が増加しています。 特に、不動産市場では都市部を中心に地価相場の上昇が認められなど、取引件数が増加しています。 また、不動産賃貸業を開始する人も増加しています。 不動産賃貸業は、自らが土地や建物などを賃貸するものです。 不動産賃貸業においては、賃貸物件の借り手がない場合には、賃貸収入が入ってきません。 所謂「空室リスク」が発生する可能性があります。 この「空室リスク」を防止するのが、サブリース契約です。 サブリース契約では、不動産管理会社が一括して不動産物件を借り上げるものです。 賃貸物件の空室が発生してもサブリース契約により、不動産会社が収益を保証してくれることになります。

少額で投資可能な不動産投資信託が人気を集めています。

不動産賃貸業においては、入居者の募集や不動産物件の管理などの業務が発生します。不動産賃貸業の経験のない方には、非常に難しい業務になります。 サブリース契約を結ぶことにより、これらの業務は不動産管理会社が代行してくれますので、安心して不動産賃貸業を行うことができます。 不動産賃貸業を開始する際には、土地や建物の多額の購入費用や建築費用が発生します。資金については十分な担保等があれば、金融機関から融資を受けることも可能です。 少額の資金でも不動産への投資を可能とするのが、不動産投資信託です。 不動産投資信託のひとつに、「J−REIT」があります。 不動産投資信託は、多数の投資家から資金を集めて、ホテルやオフィスビルなどを購入して収益をあげて、その収益を投資家に分配するものです。 「J-REIT」は、証券取引所に上場されていますので、市場で簡単に売買することができます。

↑ PAGE TOP