アパートやマンションなどの投資物件を探して利益を得る。

保証をしてくれる

一括借り上げを利用する前に知っておきたいこと

最近、一括借り上げという言葉を新聞などでよく目にします。この一括借り上げとは、マンションを購入する場合、そのマンションの家賃を不動産会社が保証してくれるというものです。マンションの購入を考えている投資家にとって、不安の材料の一つに空室ができた場合があります。自己所有のマンションに空室ができると家賃収入が減っていしまうため、それが何軒も出れば赤字になります。 しかもマンションは新築のほうが人気があるため、時間が経過すればするほど不利になっていくのです。ですので、マンションの家賃を保証してくれる一括借り上げは投資家にとってとても便利な制度のように感じます。 しかし、実際には家賃を保証してくれるわけではありません。

家賃の額が下がり続けるという難題

保証してくれるのは家賃の額ではなく、家賃の額は2年おきに行われる家賃審査の時にその保証額が下がってしまうのです。 家賃が下がり続ければやがて赤字になり、そのマンションを購入するときに借りたローンを返済できなくなってしまう可能性もあるのです。 また、15年おきに修繕をしなければならないという契約も結びます。 マンションは年々老朽化していくわけですから修繕も必要になります。しかし、修繕は不動産会社側が契約した修繕業者に請け負わせるため、その分割高になってしまうのです。 もし、一括借り上げを利用する場合は、空室が出ないことを確認して借りるべきです。でも、そのマンションの周辺地域に新しいマンションの建設が増えているとしたら、空室を減らすのは難しいでしょう。その調査も事前にしておきましょう。

↑ PAGE TOP